HOME >> 活動 >> 第3回日仏親善囲碁交流

第3回日仏親善囲碁交流

概要

2015年2月に行われた「日仏港湾都市インターネット囲碁交流」は更にグレードアップされ、「第3回日仏親善囲碁交流」が開催されました。
参加者は東北大学囲碁部の大学生とフランス・レンヌ市の子供たちの4名ずつ。
試合は2017年5月20日(日)16時(フランス時間午前9時)からオンライン囲碁サーバーKGSにて団体戦の形式で行われました。

                

目的

本イベントは仙台市とレンヌ市の姉妹都市50周年を記念する行事の一環として行われました。  また、囲碁とIT技術を駆使した新たな国際交流の形を示し、GoRのコンセプトの一つである「個の重視と個の繋がり」を実践、普及することを目的としています。

                                 

タイムスケジュール

15時55分: 開会式(挨拶、選手紹介 など)
16時00分: 対局
最終対局対局終了後: 閉会式(結果発表、選手感想、閉会の挨拶 など)
19時00分: イベント終了

                

対局ルール

19路盤を使用し、コミは黒が6目半出しとなります。
手番は大将がニギり、その結果の逆が副将、そのまた逆が三将…となるようにします。
持ち時間は30分秒読み30秒です。
クリックミスの場合を含め、マッタは一切の禁止です。

    

対局結果、写真

詳しくはこちらをご覧ください。